ads.text問題を修正しよう(グーグルアドセンス)

スポンサーリンク
ブログをつくろう
たくみ
たくみ

アドセンスの画面に気になる表示が出ています

アドセンスに合格すると
グーグルアドセンスのサイトに
入れるようになります。
「さぁ、これからバリバリ記事を書くぞ!!」
と思っていたら、

要注意:ads.textファイルが
含まれていないサイトがあります
収益に重大な影響が出ないよう、
この問題を今すぐ修正してください

という表示がホーム画面に出ています。
え?重大?
ads.textって何だ?
いきなりテンパってしまいますよね。

スポンサーリンク

ads.textとは

そもそもads.textって何なの?
アズテキストと読むらしいですが、
調べてみると
【偽造された広告枠や不正な
インプレッションの販売を防止するもの】
とあります。
あんまりピンとこないけど、
身分証明書みたいなもんなのかな?
広告業界では設置する流れだけれど
個人のサイトのアドセンスでは
必要ないんじゃないのという
論調が多いですね。
ほっといてもかまわないみたいですが、
グーグルさんがやったほうがいいよと
言っているので、せっかくだから
やってみましょう。
ずっとホームに表示されてるのも嫌だし。

ads.textを作ろう

作ろうといっても
文章は1文だけ
アドセンスのHPでコピーし
自身のアドセンスのアカウントナンバーに
書き換えるだけ。
pubの後ろにある赤字の0(16桁)のところを
書き換えてください↓

google.com,pub0000000000000000,DIRECT,f08c47fec0942fa0

自身のナンバーはアドセンスサイトの
アカウントのところで確認できます。

これをtextファイル
(WINのメモ帳はやめといたほうがいい)
TeraPadかサクラエディタなどを使いましょう。
Macの方は標準のテキストを使いましょう。
この時、文字コードを
UTF-8に指定して保存してください
そして保存名をads.として保存しましょう
拡張子込みでads.textになっていればOKです。

この作ったファイルを
サイトに設置するのですが
Xサーバーを使っている人は
ファイルマネージャーから
サイトのフォルダをクリックし、さらに
public_htmlをクリックしましょう。
この中に作ったads.text
アップロードしてください。

これでads.textを修正できたと思ったのですが・・・

スポンサーリンク

もうひと手間必要でした

さぁ、これで問題が修正できたと
思っていたのですが、ホーム画面で
なかなか注意画面が消えてくれません。

たくみ
たくみ

何か間違えたのかな?まったくわからん

ブラウザのキャッシュを消してみたり
設置に間違いがないか確認もしましたが、
1週間以上経っても注意が消えないので
更にいろいろと調べてみた結果、
もうひと手間いることが判明しました。

それは
.htaccessをいじるというものでした。

以前301リダイレクトの
設定の時にさわりましたね↓

今回も.htaccess(エイチティーアクセス)
の中に文章を加えます。
作業は簡単ですが、アクセスに関する
重大な場所ですので、何かあった時に
復元できるようしっかりと
バックアップをとっておきましょう。

<Files ads.txt>
AddType “text/plain; charset=utf-8” .txt
<Files>

上記の文章を.htaccessの中に書き込みます。
Xサーバーならサーバーパネルにある
.htaccess の編集というところをクリックして
簡単に書き込めます。

写真では見づらいかもしれませんが、
表記場所は#BEGIN WordPressの上です。
この文字コードはJISで問題なかったです。

文章にUTF-8の文字があるから
ads.textをUTF-8で表示させるコマンドなのかな?

この処理をして次の日には
注意文は消えたので
自分のads.text問題は
ようやく修正できました。

いやぁ、これは問題解決に時間がかかりました。
なかなか情報がなかったので
お疲れさまでした>自分

では、また

コメント

タイトルとURLをコピーしました